中卒におすすめの転職サイト5選

石の上にも三年はぬるま湯に浸かるだけだから無駄【決断は早い方がいい】

石の上にも三年はぬるま湯に浸かるだけだから無駄【決断は早い方がいい】

こんにちは。スネキズです。

古くからあることわざに、「石の上にも三年」ということわざがあります。意味は下記。

冷たい石の上でも3年も座りつづけていれば暖まってくる。がまん強く辛抱すれば必ず成功することのたとえ。

1つの仕事を長く続けられないやつは根性がないとか、日本で生活してるとよく言われますよね。ぼくも30数年の人生で、まあよく言われました。

1つの側面として「継続が重要」だということは否めません。筋トレとかダイエットみたいなものはコツコツ続けないと成果が出ないですからね。

とはいえ、「会社勤め」に関してはちょっとちがうんじゃないかなと昔から思っているので、ぼくの考えをまとめておきます。

石の上にも三年は無駄

石の上にも三年は無駄

「石の上にも三年」は、日本社会が生み出した悪しき風習です。

新卒で入社してきた人を、とりあえず3年は働かせて、会社の言いなりマシーンを作ろうとしてるだけのように思います。

3年我慢してもぬるま湯に浸かるだけ

つらいな、嫌だなと思いつつも、悪しき風習のせいでなかなか抜け出せずにいる人も多いと思います。

昔ながらの価値観を持った親だと、「とりあえず3年」のプレッシャーをかけてくる人もいるかも。

とりあえず3年と決めて頑張ってみるのもいいとは思うんですけど、その精神状態で3年間続けてみても、たぶんぬるま湯に浸かっていくだけです。

つらい環境の中で楽をしようとする

やっぱり人間は強くないので、つらいな、嫌だなと思う環境の中で頑張ろうと思っても、その気持ちは長くは続きません。

決意を新たにすることが最も無駄と、経営コンサルタントの大前研一さんも言ってるように、人間は気持ちだけではどうにもならないんです。

会社に所属しているだけで、そこで何か成果を出そうという気持ちはなくなり、ただ3年間を過ごすだけの無駄な時間を過ごしていないですか?

つらい環境にいても現実から目を背け、楽な方に流されがちなのが普通の人です。

「石の上にも三年」を悪く捉えてしまうと、上記のような人が出来上がります。

たぶんですが、雇われて働いてる人の大半はこんな感じの人じゃないですかね。もちろんぼくも含めです。

つらいなら辞めればいい

直球どストレートなんですけど、会社がつらかったらさっさと辞めればいいんです。

学校とかでもそうなんですけど、つらいなと感じる環境なら、さっさと逃げ出しましょう。

毎日強烈なストレスを感じながら生活していても身体にいいことは何一つないですよ。人間には適度なストレスは必要ですが、心身を病んでしまうほどのストレスは絶対に避けるべき。

毎日決まった時間に起きるのが嫌だなーとかは、誰しもが感じるストレスであって、ここを避けてしまうと廃人まっしぐらなのは誰でもわかりますよね?

でも、出社して毎朝上司から罵声を浴びせられ続けるようなストレスは不要ですということをぼくは言いたいんです。

拘束時間が長いのがつらいなら、拘束時間が短い職種に転職すればいいわけで、仕事、会社に固執しても無駄です。

仕事なんて人生の優先順位の中でも最下位なんですから。自分が喜ぶことは何か、常に自分が幸せを感じられることは何かを考えてあげましょう。

自分の直感を信じよう

直感って特に根拠とかなくても、何となく肌で感じるものだと思うんです。

初対面の人に対して「この人ちょっと苦手かも」と抱く印象って、わりと合ってると思うんです。ぼくが今までに第一印象で「苦手」と思った人とは、その後も付き合い続けても苦手感がなくなったことはありません。

こういった直感って、本能的に自分を守るために働くものなので、正しいことの方が多いんですよね。

直感的に「嫌だな」と思った会社、環境に長く身を置いても、たぶん最初に感じた印象がガラッと変わることはないはず。

直感に従って生きてみてもいいんじゃないですかね。ぼくはそれぐらいのノリで転職を繰り返してきましたが、今は幸せに暮らしていますよ。

3年間で得られることは何?

3年間で得られることは何?

ぼくの前職はブラック企業の代名詞「新聞屋」なんですけど、3年間働いてやめました。

このときのことをちょっと書いてみます。

前職の職場環境をまとめると下記です。

  • 年間休日50日
  • 14時間労働/日 が標準
  • 有給取得率ゼロ
  • 高すぎる営業ノルマとプレッシャー
  • 超ワンマン社長の強烈なパワハラ

上記です。今思い返してみてもよかったところが1つも思いつかないぐらいのブラック企業でした。

関連記事:新聞屋の給料は高い?安い?仕事内容などを紹介します【ブラック企業】

社外スキルが何も身につかなかった

新聞屋時代は、飛び込みセールスに自信を持っていました。新聞が売れないような今の時代でも、毎月20件以上は新規顧客の獲得ができていたんです。

ただ、それができていたのはぼくの実力ではなく、あくまでも「景品」の力だったんですよね。

景品とは、新聞を契約すると貰える日用品とかビールのことです。

新聞を売ったことがない

新聞屋の商品は「新聞」です。当たり前ですよね。

でも、ぼくは新聞を売ったことがないんです。

結局、セールストークはいつも「景品」の話で、肝心な新聞の魅力については何一つ話せませんでした。

ぼく自身、子どもの頃は家に新聞があるのが当たり前だったので、新聞は普通に読んでいましたが、他人におすすめできるかと言えばそれは無理でした。

新聞を読んでいたことで得られるメリットや、インターネットと比較したときに明確に提示できるメリットが何一つとして思い浮かばなかったんです。

ぼくの手法としては、景品のお得感+自分の情熱を売り込むようなセールスだけで毎月の成果を出していました。

上記のことからわかるように、ぼくのセールスが上手いとかではないので、新聞屋以外で通用するスキルを身につけたものはなかったです。

人間関係のぬるま湯

これは偶然なんですけど、社員が5人前後の小規模な会社で、同い年の同僚が3人いたんです。その他2人も1歳ちがいとかなので、ほぼ同世代ですね。

良くも悪くも、この人間関係がぬるま湯の原因でもありました。

一緒にいる時間が長すぎた新聞屋時代はとにかく拘束時間が長かったこともあって、家族といるより同僚と過ごす時間の方が圧倒的に長かったんです。

一緒に過ごす時間が長いうえに同世代なので、やっぱり人間関係は馴れ合いになって、居心地がよく思えてしまうんですよね。

恋愛とかと似ていて、情が移ると何となく離れにくくなります。

不平不満で繋がる人間関係

同僚との話題と言えば、もっぱら「会社の愚痴」が9割ぐらいでした。

  • 年間休日50日
  • 14時間労働/日 が標準
  • 有給取得率ゼロ
  • 高すぎる営業ノルマとプレッシャー
  • 超ワンマン社長の強烈なパワハラ

こんな感じで、なかなか強烈なブラック企業なので不平不満が絶えません。

ネガティブな話題で盛り上がり、奇妙な仲間意識が形成されていくと辞めるタイミングを失いがちです。

環境を変えることがめんどくさくなる

どんなにブラックな環境だなと思っていても、慣れた仕事は楽になります。思考停止で呼吸するように仕事ができてしまうからなんですよね。

こういった環境に慣れてしまうと、わざわざ新しい環境に行ってゼロから仕事を覚えたり、人間関係を構築することがめんどくさくなってしまうんです。

そのまま惰性で働いていても、自分自身の成長はないし、一生不平不満を言い続けるだけの人生になってしまうんですけどね。

どこかで踏ん切りをつけなければいけないし、ぼくは現状を本気で変えたいと思っていたので、逃げるようにして辞めました。

まとめ:石の上にも三年は無駄

まとめ:石の上にも三年は無駄

嫌な仕事でも3年我慢してれば楽しくなるというのは幻想です。嫌なものはいつになっても嫌。

自分に合う合わないを判断するのに3年も必要ありません。どんなに長くてもせいぜい6ヶ月ぐらいやってみればわかるかと思います。

「長く続けてる=偉い」は間違っていて、長く続けていても成果が出ていなければただの老害です。

「石の上に三年」で自分が成長するわけじゃなく、ただ環境に順応してるだけなんですよね。

一生懸命頑張ることは尊いことですが、そこに成果が伴わなければ社会人としては無能のレッテルを貼られて終わり。

楽しいとまでは思えなくても、苦にならない環境を探して最適化していく方がストレスなく楽しい人生を過ごせますよ。

ぼくはストレスから逃げ続け、転職を繰り返した結果、精神的にゆとりが持てる今の職場にたどり着きました。

3年も我慢してストレスに耐えるのは無駄なので、さっさと環境を変えてしまいましょう。

終わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です