中卒におすすめの転職サイト5選

新聞屋の給料は高い?安い?仕事内容などを紹介します【ブラック企業】

新聞屋の給料は高い?安い?仕事内容などを紹介します【ブラック企業】

こんにちは。中卒ブロガーのスネキズです。

「学歴不問、寮完備、未経験歓迎、すぐ働ける」
中卒でも正社員としてわりと採用されやすいうえに、ちょっと給料が高そうなイメージのある「新聞配達」の仕事について、新聞屋歴7年のぼくが紹介しています。

本記事を書いてる現在は、完全に新聞業界から離れ、プロパンガス関連の工場職に転職しています。

額面年収は新聞屋時代よりガクンと下がった(150万円ぐらい!)ものの、人並みの生活が送れるようになって幸福度は上がりました。

新聞配達員の給料は高い?

新聞配達員の給料は高い?

結論から言うと、新聞配達をしてる人の給料は「安い」です。

具体的に仕事内容や待遇とかを掘り下げつつ、なぜ新聞配達の給料が安いと思ったのかを説明していきます。

年収は500万円ぐらい

新聞屋時代のぼくの年収は「500万円ぐらい」でした。これは正社員として働いていたぼくの金額です。

中卒、30歳という点だけで見れば悪くはない額面年収だと思います。

補足:給料形態は「基本給+歩合」

  • 基本給:30万円
  • 歩合:5万円~

ぼくが勤めていた会社では上記のような感じでした。歩合に関しては個人差や能力差があるので一概には言えませんが、真面目に仕事をしていれば5万円以上は簡単に稼げます。

ちなみに、一番多かった月の歩合で20万円を超えた月もありました。いやぁ、あの月はめちゃくちゃ頑張った…。

新聞配達のアルバイトでも年収300万以上は稼げる

どこの新聞屋でもそうですが、「配達のみ」というアルバイトの人がいます。

ちなみに、ぼくが以前勤めていた新聞屋には、休みなしで朝刊、夕刊の配達、しかも夕刊は3区域配達(500部ぐらい)をこなすスーパー配達員がいました。

この配達員ぐらい働いて、月収30万円とかです。なお、スーパー配達員の彼は社保には入れてもらえてなかったです。40歳、独身で毎日休まず新聞を配るだけの人生で月収30万円。

これでも新聞配達員の給料が高いと思いますか?

新聞配達員の仕事内容

新聞配達員の仕事内容

基本業務は下記です。

  • 配達
  • 集金
  • 営業

業務内容について、ざっくり解説します。

新聞配達(朝刊・夕刊)

平均すると朝刊300部、夕刊100部ぐらいを毎日配達します。(読売、朝日だとこれぐらい)

上記の部数は地域差がありますが、東京寄りの千葉県エリアだとこんな感じですね。

朝刊配達の作業の流れとしては下記。

0:30 販売店に朝刊が到着

工場からトラックに乗って朝刊が運ばれてきます。新聞のページ数によって変わりますが、1梱包60部か80部の束になっているので、みんなで協力して下ろします。

0:45 配達の準備

届いた部数が合ってるか確認しながら下ろした新聞の梱包を解き、配達の準備をしていきます。準備の内容は下記。

  • 新聞に折込広告を入れる
  • 雨や雪など、天気が悪いときは新聞を一部ずつビニールでラッピングする
  • バイクに積み込む

大体こんな感じですかね。

折込広告は、昼のうちに組み込まれたものを、一部ずつ新聞に手入れしていきます。この作業が慣れないとなかなか大変。指サックは新聞屋の必需品ですね。

ビニールのラッピングは、ほとんどの店舗では機械でできるようになっていますが、場合によっては手作業で行う店舗もあるんだとか。ぼくはそういった店舗に当たったことがありませんが、手作業でラッピングはきつそう…。

折込広告の準備ができたら、いよいよバイクに積み込みです。人によって差はありますが、平均すると120部ぐらいをバイクの荷台に積んで、前カゴに100部ぐらい積んでいくイメージですかね。積みきれない分は販売店に置いて取りに戻ってくるか、逓送(ていそう)という担当の人にお願いして配達エリアの指定した場所に車で運んでもらいます。

2:00 配達出発

いよいよ配達へ出発です。準備の時間は個人差があるので、平均すると2時ぐらいですかね。かなり早い人だと1:30とかには出発します。

ちなみに、雨の日などはラッピングがあるので、時間的にはプラス30分ぐらいが目安です。

不着や誤配などの配達ミス、それから交通事故に気をつけて出発!

5:00 配達終了

5時にはほぼ全員が配達終了です。配達時間としては1区域あたり、2時間〜3時間ぐらいで終わります。

配達時に出たゴミなどを片付けて帰宅。ここから昼までは自由時間となりますが、ほとんどの人は午前中のこの時間を睡眠に費やしています。

新聞の店着時間は店舗によって異なりますが、ぼくが働いたことのある店舗では概ねこんな感じでした。

ここからは少し補足します。

補足①:どんなに悪天候でも配達は絶対

台風、大雪など、道路状況が最悪の場合でも、配達は絶対です。ただでさえ休むことが許されない新聞配達の仕事ですが、天候不良の日はなおさら休めません。

ぶっちゃけ、新聞の情報は「遅い」という時代なのに、人命よりも配達を最優先に考える新聞社はヤバいです。

余談ですが、以前に台風で行方不明になっていた75歳の新聞配達員が遺体で見つかるという痛ましい事案が発生しました。

毎年のことですが、悪天候の日に新聞配達の人が命を落とす事故が発生しています。

こういった事案を新聞社はどう考えているんですかね。

補足②:積雪時はソリを使って徒歩で配達

悪天候時の配達についてもう1つ補足しておくと、バイクや車が走れないほどの積雪時は、ソリに新聞を積んで、徒歩で配達することもあります。

当日になって急に休みますはマジで許されないので、もし新聞配達の仕事に興味があるなら、悪天候時でも配達する覚悟は持っておいた方がいいです。

補足③:暗い夜道はわりと怖い

当たり前の話ですが、朝刊配達をする時間は夜中なので、暗い夜道を通ることになります。

人がいるわけないと思ってるところにいたりとか、わりと怖い思いをすることが多々あるので、心臓が弱い人や怖い話が苦手な人には向いていない仕事ですね。

ぼくが過去に経験した中で一番怖かったのは、ポストに新聞を投函したら、ポストの裏から「ありがとう」というおじいちゃんの声が聞こえたことです。

集金

毎月25日~翌10日ごろまでに、購読料の集金業務があります。

新聞を毎日家まで届け、その代金を自宅まで回収に行くスタイルって今どき新聞屋ぐらいのものだと思うんですけど、時代遅れですよね。

銀行引き落としやクレカ引き落としなども対応していますが、まだまだ現金集金の割合が多いです。

新聞屋時代にお客さんからよく言われたことが「コンビニ払いも対応してくれればいいのに」でした。お客さん側としても、何度も集金に来てもらうのが悪いという感情になってしまうみたいですね。

コンビニ払いもできなくはないんですけど、手数料をケチって導入しない販売店がほとんどです。

補足:集金が一番大変な仕事だと思う

新聞屋の基本業務の中でぼくが一番やりたくなかったのは「集金」です。理由は下記。

  • 金払いの悪いお客が意外と多い
  • 留守がちでなかなか会えないお客が意外と多い
  • 細かい日時指定が多くて大変
  • 釣り銭が足りなくなると無駄にコンビニでお金を崩すための買物をしなければいけない

新聞の集金業務をやったことがある人なら共感してもらえると思いますが、ぼくは上記の理由で集金業務が嫌いでした。

新聞の購読料金って約4,000円ぐらいで、毎月一定のものなんです。そして、毎月同じ時期に集金に行きます。

それにも関わらず、「お金用意するの忘れてた」とか言って何度も訪問させるようなお客が一定数いるんです。それも何年も新聞を購読しているような人が。

集金業務はお金を貰って初めて完結する仕事なので、ただ会えるだけではダメ。何度も訪問させられるのは無駄に仕事を増やされているのと同じことなんですよね。

「午前中しかいないから午前中に来て」とか指定されると、朝刊配達が終わった後に眠い目をこすりながら集金に行くこともありました。たった1件のために。

何度も訪問してるのになかなか会えなくて、でも会社に「全然集金に来ない」なんて電話が入ると自分が仕事をしていないかのように思われるのが集金業務です。

つらかったなぁ…。

営業

  • 新規開拓
  • 継続営業

ざっくり分けると上記です。

今現在、自社の新聞を購読してない家を訪問して購読をお願いしたり、今ある契約を再度延長してもらう継続など、基本的には「飛び込み営業」ですね。

街中で洗濯洗剤を積んで走るバイクを見かけたことがあるかもしれませんが、あれは新聞契約のお礼として渡すサービス品です。

とはいえ、今はほとんどの人は新聞を必要としておらず、サービス品の内容次第でどうにか契約してもらうといった感じなので、営業と言ってもサービス品のプレゼンみたいな感じになることが多いですね。

場合によっては新聞の購読料を遥かに超えるようなサービス品を渡して契約するときもありました。

補足:求人の「ノルマなし」は100%ウソ

求人広告とかを見てると「ノルマなし」を謳ってる販売店がありますが、これは嘘なので鵜呑みにしちゃダメですよ。

目標という名のノルマ(わりと厳しめ)をしっかり課されるし、それに苦しんで自腹営業とかをして、何のために働いてるのかわからなくなってる人もたくさんいます。

ぼくが以前勤めていた新聞屋では、5年働いて自腹営業で払った新聞代は「300万円ぐらい」という人がいました。こういった人は何のために働いてるんですかね。ホント。

ノルマがきつくて自腹営業に走る人を多く見てきましたが、これから新聞の営業をしてみようと思ってる人は、絶対に自腹営業をやってはダメですよ。一度やると何度も繰り返すようになり、身を滅ぼします。

営業が向いてないと思う人は、営業を免除してもらう働き方ができないかどうかを相談してみるのもありです。

新聞配達の労働環境、待遇は?

新聞配達の労働環境、待遇は?
  • 拘束時間は12時間以上
  • 休日は週休1日のみ

ぼくが勤めてた販売店は上記です。解説します。

拘束時間は12時間以上が基本

1日の拘束時間は短くても「12時間」とかでした。

新聞屋のとある1日を書き出してみると下記です。

0:00 出社

朝刊配達のために出社です。わかってると思いますが夜中です。

5:00 配達終了、一時帰宅

朝刊配達が終了して、自由時間です。この時間が一般的な生活をしている人の「夜」なので、お風呂に入ってご飯を食べたりしながら6時ぐらいに睡眠となります。

12:00 出社

ミーティングのために出社です。ミーティング自体は30分程度のことが多く、ほとんどは社長から営業成績のプレッシャーを毎日かけられるだけの時間です。睡眠時間はだいたい4時間〜5時間ぐらいで、常に寝不足ということもあり、話の大半は右から左に聞き流しています。

13:15 夕刊配達

夕刊は朝刊に比べて配達部数も少ないので、わりと気楽です。平均すると1つの区域あたり100部から150部ぐらいといったところですね。配達時間は1時間ぐらいです。

14:30 営業、集金

メイン業務である「営業」がスタートです。会社に求められてる数字を出すために、担当区域をぐるぐる周りながら新規の入居がないかを探して声をかけたり、既存の顧客に訪問して継続契約を貰ったりします。

17:00 ミーティング

一時的に集合してミーティングです。

その日の成績の中間報告という名目ですが、サボっていないかの確認をしている場合が多いです。

たまに営業中に家に帰って寝過ごしてミーティングに来なかったり連絡がつかない人がいるので、こういった時間を設けています。

10分ぐらい雑談した後は、再び営業活動に出発です。

21:00 帰社

営業を終えて会社に戻ってくるのが平均すると21時頃ですね。

当日の契約結果を報告したりする事務処理や、営業で使ったサービス品の残りを片付けたり、翌日の配達準備をする時間です。

みんなで分担して手際良くやれば早く終るものの、社会不適合者が多く集まる新聞屋ではそうもいかず、毎日だらだらとやるから時間がかかります。

22:00 帰宅

1日の仕事が終わり、やっと家に帰れるのがこの時間です。ここから夕飯を食べたり仮眠をとったりして、2時間後に迫る朝刊配達に備えます。

お疲れさまでした。

だいたいこんな感じの1日を過ごすことが多かったです。

働く時間帯が変則的なので、1日2回仕事に行くような不思議な感覚になります。

補足①:出社時間は早いとかのレベルを超越してる

わりと勘違いされてるところなんですけど、新聞配達の朝は早いとかのレベルではありません。夜中です。

販売店によって誤差はありますが、ぼくが勤めていた会社は夜中0時に出社、配達を終えて一旦帰宅するのが5時前後とかでした。

早起きが得意な人より、昼夜逆転生活に慣れてる人の方が新聞屋としての適性はあるかもしれません。

補足②:残業という概念がない

法律的に考えてもおかしいんですけど、新聞屋にはなぜか残業という概念がありません。

万が一、労基に突っ込まれたときの対策的な感じで「残業代」という項目で手当は出ていましたが、時給にすると500円ぐらいの金額です。

時間的な感覚がとにかくずれまくってるのが新聞屋なので、まともな時間感覚を持ってる人にはつらい環境だと思います。

休日は週1日だけ

新聞配達員の休日は、原則「週1日」です。

それ以外に、月によって休刊日があったりなかったり。とはいえ、休刊日は朝刊配達がないだけで、夕刊は普通にあります。

連休なんていう贅沢なものはないので、家族がいる人にとってはなかなかつらい環境になると思います。

補足:有給取得率はゼロ

新聞配達員も労働者なので、もちろん有給を使う権利はあります。

ですが、残念ながら新聞配達員がまともに有給を申請して認められるケースはほぼゼロです。

ぼくが新聞屋に勤めていたとき、高熱が出て仕方なく休んだことがありましたが、有給扱いにはならず日割り分の給料が引かれていました。

身内が亡くなったときはさすがに3日ぐらい休めましたが、とはいえ、それは忌引にあたるので、有給とはちょっとちがいますよね。

新聞配達員の寮の住み心地は?

新聞配達員の寮の住み心地は?

新聞屋の寮は、ざっくり分けて3パターンほどあります。

新聞屋の寮のパターン
  1. 販売店の真上や敷地内など、隣接している
  2. 民間のアパートを法人契約で借り続けていて、入寮希望者を雇うとそこに住ませている
  3. 入社時に好きな物件を借りてくれる「借り上げ住宅」

上記のパターンですが、おすすめは③の寮です。

求人の概要欄に「好きな場所を選んで住む」みたいな文言が入ってる会社だと、わりと③のパターンの寮の会社に入れます。

自社所有型の寮はやめた方がいい

上記の①~③の中でいうと「①のパターン」の寮は避けたほうがいいです。

このパターンの寮の最大のメリットは家賃が安いことですが、デメリットの方があまりにも多いです。

隣や上下階などの部屋に住む人も同僚なので、下っ端のうちは特に気を使って疲れると思います。常に気張っていることになるので、プライベートな時間はほぼゼロだと言っても過言ではないです

あとは単純に仕事がサボりにくくなります(笑)

やっぱり、毎日変則的な時間に労働をしていると、たまにはやる気が出ない日だってあります。

そんなときに、家に帰ってサボろうかなということができないので、たぶんつらくなります。

ぼくがこのパターンの寮の新聞屋に勤めていたときは、自分の担当区域内にある蕎麦屋に行ってよくサボってました。

新聞配達員の人間関係はどうなの?

新聞配達員の人間関係はどうなの?

新聞配達の仕事は、一度配達に出てしまえば1人で淡々とこなすだけなので、特に煩わしい人間関係はありません。

とはいえ、職場にいる同僚は、わりとクセが強い人が多いので、下記のような人たちが多い職場ということを説明しておきます。

  • ギャンブル依存者が多い
  • 時間を守れない人が多い
  • 前科持ち、元ヤクザとかが普通にいる

まとめると「社会不適合者」が多い職場だったりします。一般的な常識みたいなものが通用しないことがあるので、まともな人間感覚の人にはちょっと厳しいかもですね。

まとめ:新聞配達員の給料は安い

ぼくの新聞屋時代の体験や、実際に感じたこと、給料面などを赤裸々に書いてきましたが、この記事を読んでみても新聞屋での「年収500万円」が高いと思いますか?

短期間でまとまったお金を稼ぎたいという目標がある人にとっては、新聞配達の仕事も悪くないと思いますが、新聞屋の仕事を一生の仕事にしようと考えるのは難しいですね。

これから新聞屋に就職を考えてる人、新聞屋を辞めて転職を考えてる人は、下記で紹介してるサイトにたくさん求人が載っています。

終わりです。