運営者プロフィールはこちら

仕事が暇すぎるときに会社の将来を憂うのか、ラッキーと思うのか。

プロパンガス関連の工場に勤務しているぼくにとって、冬の時期は繁忙期にあたります。

例年であれば、3月下旬ぐらいまでは忙しい日が続くんですけど、どうも今年は少し様子がおかしいんですよね。

繁忙期の絶頂とも言える2月の終わり頃から、突然仕事が暇になってきたと思ったら、一気に閑散期(6月〜9月頃)と同程度の仕事量しかなくなってしまいました。

こんなときに、考えることは2つ。

  1. 今のままで会社は大丈夫なのか
  2. やった!仕事が暇でラッキー!

多くの人は上記の2択になるのではないでしょうか。

①に関してはいろんな捉え方があると思いますが、いち会社員として自分が勤める会社の売上を心から気にしてる人はそれほど多くないと思うんです。

ぶっちゃけ、会社の売上どうこうよりも、自分の給料はしっかり保証されるのかどうか。突然会社からリストラされるようなことはないかなど、自分の心配をするという意味で①を考える人は多いと思います。もちろんぼくは後者ですね。

今の仕事や会社に愛着があるわけではないので、今後の自分の生活や家族の生活は守れるのかということの方が、ぼくにとっては重要事項なわけです。

②に関してはまあアルバイト的な思考かなといった感じで、こういう人もいるだろうなと思って書いてみたんですけど、守るべき存在がいる人はなかなかこういった思考にはならないのかなとも思います。

今回の記事では、特に有益な情報性というものはありませんが、もうすぐ35歳を迎える中卒のぼくが、リアルに直面している現状の悩みについて吐き出してみます。

「仕事が暇だな」と思ったときに将来に不安を感じる人は多いと思うので、同じようなことで悩んでる人と悩みを共有できたら幸いです。

35歳、とりあえず3年はもうすぐ。

35歳、とりあえず3年はもうすぐ。

どうしてこんな話を書こうかと思ったかについて先に説明しておくと、2021年の12月でぼくは35歳になります。

そして、今の会社に入社してから、「とりあえず3年」が経つのも12月です。

35歳と言えば転職するにはわりとラストチャンスかなという年齢に差し掛かっていて、今の会社のままでホントに大丈夫なのかという不安に駆られる機会が多くなってきました。

冒頭に書いたように、仕事が暇なことも要因の1つであり、また、収入が思ってるほど増えないことも問題です。

仕事が暇になっているのは、もしかしたらコロナの影響で飲食店でのプロパンガス使用量が減っていることが考えられるかもしれないので、コロナが収束すればまた仕事量は戻ってくる可能性がある。

でも、収入面は少しちがいます。そもそもの話ですが、会社のシステム的な問題や、業界的にもそれほど儲かる仕事ではないというところです。

今のぼくの年収は、約340万円。ここからぼくが収入を増やそうと思うと、会社で常々言われている必要な資格を取得することで、月1万円の資格手当(国家資格)。それから、役職に就けば役職手当で月1万円。

この2万円が努力次第で明確に増やせる収入で、それ以外は会社の不透明な基準のベースアップぐらいなもので、昇給額は微々たるもの。自分の意思ではどうにもできない部分です。

正直、資格取得と役職手当は確実に収入が増えるという部分では嬉しいところですが、責任に対して金額が見合っていないんですよね。そこも会社のおかしいところかなと思ったりです。不満ばかりでスミマセン。

合格率3割ほどの資格取得(国家資格)をして役職者になるので、本音を言えば最低ラインで年収450万円ぐらいはほしいところではありますが、今の会社の上司とかに聞いてもそこまで貰えてない人がほとんどなんですよね。

工場の責任者である「工場長」まで上り詰めて、ようやくそのラインに到達できるかどうかだと思うと、正直微妙な気もします。

とりあえず3年。ここが分岐点かも。

とりあえず3年。ここが分岐点かも。

ぼくが今の会社に入社して、2021年12月でとりあえず3年になります。

「石の上にも三年」という諺(ことわざ)があるように、3年は続けてみないことには何も見えてこないなんていう考え方がありますが、ぼくはこの考え方はどちらかと言えば否定的です。

とはいえ、有給をあっさり使い切れたり、年間で残業時間が20時間ぐらいの超ぬるま湯的な環境がすっかり気に入ってしまい、だらだらと働いています。

新聞屋の給料は高い?安い?仕事内容などを紹介します【ブラック企業】という記事にも書いたんですけど、ぼくの前職は新聞屋で、超ブラックな環境でした。そんな環境からの転職ということもあり、今のぬるま湯的な労働環境は天国とも言えるレベルで快適なんです。

工場職は肉体労働なので、もちろん肉体的にはキツイなと感じますけどね。

ただ、このまま今の会社で仕事を続けたとしても、仮に転職してちがう仕事をするとなったときに活かせる技術を得ることができません。

資格を取得しておくことで、ある程度の知識武装はできますが、いかんせん学歴がないもので、知識以外にも技術的なものは必要だと思うんです。

今後のことを考えて転職をするなら、たぶん今がぼくの人生の分岐点になると思います。

手に職があるわけではないので、ぼくが仕事を変えて収入を増やすとするなら、それなりの労働力を対価として会社に提供するぐらいしか方法はありません。

今後も物価は上がり、まだまだ増税すると言われている中で、収入は比例して増えてくれないのが現状です。

会社が大々的に副業を認めてくれれば、仕事の時間外にアルバイトとかも考えるんですけど、それもなかなか見込めないのが正直なところ。

会社の給料以外に収入を増やすとするなら、ブログをコツコツ育てるぐらいしかないので、転職も視野に入れつつブログにも力を入れていくとしますかね。

というわけで、最近の悩み事を吐き出してみました。